将来性の高さがJavaの魅力

エンジニアはどのようなキャリアを組み立てていくかを若いうちから考える必要があり、そのプランの立て方次第でどんなスキルを習得するか、どのような職場で働くかを決めることが重要になる。その際にJavaのスキルセットを習得しようと考えるケースは多いが、その理由はメリットが豊富にあるからに他ならない。単純に現状としてJavaで開発が進められているシステムが多いことだけがメリットではないので注意しておこう。

著しく変化するIT業界において、将来性を考えて習得するスキルを決めるのは大切だ。下手するとせっかく習得したのに数年後にはそのスキルは不要となり仕事がないという事態にもなりかねないのだ。その点、Javaはまだまだ将来性はあり仕事がなくなる心配も不要だろう。Javaのスキルセットがあれば向こう数十年にわたって需要があると期待できる。
長期的に需要が絶える心配がないのは、汎用性が高くて様々なシーンで利用されていることに加え、そのプラットフォームの開発も刻々と進行しているからだ。現行のシステムがJavaベースならそのメンテナンスにもJavaエンジニアが必要になり、さらに他の言語が優勢になったとしても移行のためにJavaの知識が求められることになる。

Javaは多様な環境に対応できるため、これからまだ十分に活躍できる可能性を高めていくことができる。言語そのものの将来性も高いことから、Javaのスキルセットがあれば安泰なのである。