成功したいなら一歩先のスキルも習得

Javaを学習したいのであれば、講習や専門学校に行く方法が確実だ。Javaはニーズが高く、それに伴い講習や専門学校の数も増えている。そこで学べばきっと優秀なJavaエンジニアになれるだろう。
だが教わったスキルセットだけでは十分ではないことに後になってから気づくことも多い。現場で実際に働いてみると必要最低限のことができるかどうかというところで、自分が仕事をしたことによって大きな成功を掴めるようなケースは少ない場合が多いのだ。

Javaエンジニアとして成功するためには大勢の人が教わったスキルセットはあくまでベースでしかないと考えよう。他のエンジニアも同じスキルセットは持っているので、それに加えて自分なりに学んだスキルを組み合わせていくことが大切だ。
講習の参加者とディスカッションをしたり、専門学校の講師に相談したり、ネット上で調べてみたりしてどんな可能性があるかを考えてみるといい。自分が学びたいと思えるスキルを見つけるには人から情報を得るのも大切だからである。基本を抑えて満足するのではなく、そこから一歩踏み出しプロとして仕事をするために必要なスキルセットを知り身につけることが成功へと繋がるのだ。

ただ教わるだけでも比較的簡単にJavaの使い手になれるのは確かだが、その状況で満足してしまうと将来性のないエンジニアになってしまうリスクが高い。教わったのは基本となるスキルセットであることを自覚し、そこからさらにどのようなスキルセットを追加で身につけるのか考えることが大切なのである。